2009年10月13日

めまいやふらつき

めまいやふらつきは、必ずしも病気のサインとは限らず、眼からの視覚情報と、頭の位置や動きの感覚センサーの迷路(耳の奥にある)からの平衡感覚情報にズレが生じたり、体や脚の位置調節が狂うと、めまいやふらつきを生じます。

酔いや飲酒、疲れ、睡眠不時のめまいやふらつくは体調不良によるもので、水分補給や休息で治り、病気ではありません。
眼から来る病的めまいは、右眼と左眼の視腺がずれると起こります。
右眼と左眼が一緒に動かなくなったときで、1の鉛筆が2本に見えたり、お月様が2個に見えたりします。
複視といい、車を運転中に突然複視を生じ、センターラインがだぶって見えるといいます
眼を動かす筋や神経、脳の一部(中脳や橋)に原因がある場合です。
直ぐに神経内科、脳外科を受診しましょう。
くも膜下出血の前触れであることも考えられます。


資格
懸賞
顎関節症
アナウンサー顎関節症
ホームシアター人気ランキング

この記事の関連ワード
治療 つぼ 禁煙 朝 食事 

posted by めまい持ち at 08:50| めまい