2009年08月11日

お酒やコーヒーとめまい

ちょっと意外かもしれませんが、お酒やコーヒーもめまいに悪影響を与えることがあります。お酒に含まれているカフェインも、めまい持ちには大敵です。カフェインには、神経を興奮させる働きがあるので、たくさん摂取してしまうとめまいに悪影響を及ぼします。朝起きてコーヒーを一杯、食後にまた一杯、休憩にも一杯、さらに寝る前にも一杯、というように一日に何杯もコーヒーを飲む習慣がある人は注意が必要です。カフェインの過剰摂取の可能性が大いにあります。

カフェインの過剰摂取がめまいの原因になっている人の多くは、コーヒーを飲むのをやめるのと同時にめまいがおさまることが多いものです。めまい持ちの方は、カフェインの摂取量を気にしてみてください。それでも、「どうしてもコーヒーが飲みたい!」という人は、カフェインの量を抑えてあるコーヒーを飲むようにすれば、悪影響をおさえることができます。ただし、めまいに悩んでいる人は原則、カフェイン禁止ですのであしからず。

この記事の関連ワード
貧血 つぼ 頭痛 食事 食後 

posted by めまい持ち at 13:39| めまい